眉間は痛みが強い

眉間は脱毛部分が狭いですが痛みが強い部位です。そのため少しの施術時間でも痛みに耐えられず挫折してしまう人もいます。

特に眉間は一本一本の毛が太く、範囲が狭いので痛みが強いニードル脱毛を採用することが多いです。

ニードル脱毛とは毛穴の一つ一つに針を挿入し、電気を流すことで毛根を破壊する方法です。効果は抜群ですがかなりの痛みを伴うため、サロンに通うことが憂鬱になってしまうことがあります。

楽しく通い続けるためにも、脱毛の痛みが少ない方法を採用しているサロンを選ぶと良いでしょう。

銀座カラーの眉間脱毛はIPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛法を採用しています。機器が発する光が毛や毛根に直接作用し、脱毛を行います。

この脱毛方法は比較的痛みが少ないことで知られており、その痛みは輪ゴムではじかれたほどのものと例えられます。痛みには個人差がありますが、ニードル脱毛に比べれば大した痛みではないので続けやすいです。

また、1回の照射範囲が広いため短時間で施術が終わります。ですからスケジュール的に余裕がない人でも気軽に通いやすいとされています。

銀座カラーではIPL脱毛に独自の特殊フィルターを採用しています。フィルターを使用することで、脱毛効果を落とすことなく痛みだけを軽減することが可能になりました。

そのため痛みに弱い方や痛みが強い眉間、デリケートゾーンでも安心して施術を受けることができます。また照射による乾燥や肌トラブルを予防する効果もあるため、乾燥肌や敏感肌の方でも気軽に脱毛することができます。

▼ コンテンツ一覧